HOME

ギドラの巣「新」映像作品掲示板

318133
ただいまゴジラ祭り開催中!
ただいまゴジラ祭り開催中!

春と修羅 - 海軍大臣 (?)

2017/03/17 (Fri) 18:01:02

 いまだにシン・ゴジラ論で特撮ファン界はざわめいている様子ですね。
 映画冒頭に出てきた「春と修羅」に付いても、あの詩の内容にばかりこじつけたみたいな解釈ばかりです。
 これは私の勝手な思い付きですが、あれは牧何某という人物のスタンスを、詩集の成立過程に絡めて揶揄しているだけではないのかな、なんて考えています。
 宮沢賢治は、自分が裕福な商家(確か質屋だったかな?)の生まれだったことを酷く嫌っていたとかで、貧しい農民を擁護する運動なんかに手を出したりしているけど、結局、金銭面ではあれだけ嫌っていた実家に頼り切りだったと聞きます。
詩集「春と修羅」にしても父親が株で儲けた金で漸く出版されたのだそうです。
 映画の中で、日本の原子力行政だとかアメリカの核戦略だとかを批判していた牧何某も結局のところ、自分の毛嫌いしていた大国の力を借りなければ復讐は果たせなかった訳なのですから、何となく宮沢賢治の俺様振りにダブって見えてきてしまいます。余談ながら、法華経信者だったことで有名な宮沢ですが、これがタダの法華経ではなくて田中知学の国柱会という愛国思想集団に帰依していたとか。グスコーフなんたらの自己犠牲も、じつは爆弾三勇士と同列の精神と変わらないことになりますね。
 まあ、あの映画のスタッフたちがそこまでアイロニーを込めていたかはわかりませんけど。
 それでは、また。
 
 

Re: 春と修羅 殿様ギドラ (男性)

2017/03/17 (Fri) 18:39:57

ううーーん、あの「春と修羅」に絡めてもいろいろ解釈が出ているんですね。

なんともエヴァっぽいと申しましょうか。
私は、あの本が初版本らしかったので、岡本喜八監督絡みで置いただけかと思ってました。
(たとえば岡本監督の蔵書にあったとか)

どうも私は単純でいけません。

でも、海軍大臣さんの解釈には別の意味で頷けるところがあり・・・。
宮沢賢治がそんな背景を持っているなら、あの映画の作り手が賢治に傾倒していてもおかしくはないなー、なんて・・・。

名前  性別:
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.